人気の理由を理解してから美容クリニックを選びましょう

憧れの二重になれる

鏡を見る女性

施術時間15分で理想の二重まぶたに

日本人には、一重まぶたをコンプレックスに感じているという人が、男女問わず多いです。モンゴロイドという民族的な特徴から、アーリア系の欧米人に比べると一重まぶたの人が圧倒的に多いのです。そのため、プチ整形ではとにかく目元を変えたいという悩みが多数寄せられます。そのような悩みを解決するために開発されたのが、二重埋没法と呼ばれるプチ整形の方法です。まず、二重埋没法は一重まぶたをたった15分程度の施術でぱっちり二重に変えることができます。福岡の美容外科クリニックでも例外なく施術が行われていて、毎日多くの施術希望者に施術を行っています。施術方法はいたってシンプルで、瞼の皮膚を2箇所程髪の毛よりも細いといわれる糸を使って結び、二重のラインを人工的に作り出すのです。次に、福岡では二重まぶたのデザインを自由に決めることができます。近頃は整形のナチュラル志向が流行っているので、まるでもともと二重まぶただったかのような自然な仕上がりを好む患者が多いのが特徴です。

プチ整形の二重埋没法は、一般的には瞼の2点を細い糸で結ぶ施術を行います。瞼を2箇所留める事により、様々なデザインの二重に仕上げることができます。人気の高い末広型や、アイドルのようなくっきり並行二重など、福岡の病院では二重のデザインをカウンセリングで相談しながら決めることができます。医師がまぶたの状態や目の形からデザインを提案してくれるので、具体的なデザインを用意していなくても安心です。他方で、より二重を強固に仕上げたいという要望に対しては、瞼の3箇所留めという施術方法を選択することが可能です。福岡のクリニックでも要望があれば、2箇所から3箇所留めへと変更することができます。ただ、2箇所留めに比べると多少ではあるものの費用が高くなります。それでも、2箇所留めよりも3箇所留めの方が摩擦に強くなり、施術をした部分の糸が取れにくいという特徴があります。プチ整形の二重埋没法では、仕上がりが気に入らなければ、何度でもやり直す事ができるので、気軽に相談することです。